2013/12/01 Sunday

ファン太整備

チップスリーズ

プライベートごとですが、私は寒がりです。
暑さは多少我慢できますが、寒さにはめっぽう弱いのです。



就寝時の電気毛布はあたりまえ、起床時、帰宅時は必ず最初にファンヒーターの電源を入れます。
電源を入れ数秒後に部屋を暖めはじめるヒーターの姿は、この上なく愛おしく『ファン太』と、少し美味しそうな名前を与えています。
3時間ごとに必ず休憩しようとしますが、延長ボタンひとつで灯油がつきるまで暖めつづけてくれます。
そんな一方的な友人『ファン太』は、最近とってもご機嫌ななめです。



電源を入れて数秒後に『チチチチチチチチチチチ・・・・』と点火しようとするも失敗。
再度自動点火を試みるも失敗し、そこで点火を諦めてしまいます。
個人的には更にトライしてもらいたい気持ちはありますが、ファン太が頑張れるのは一度までのようで、意外と打たれ弱い一面をもちます。



ファン太の表示するエラーコードは『着火部分の故障か汚れによる点火障害』
ファンヒーターのある部屋で、シリコーンを含んだシャンプー、コンディショナー、トリートメントや枝毛コート剤、保湿用クリーム、柔軟剤、撥水剤、防水スプレーを使用すると、徐々に着火部分にシリコーンが付着し、最終的に点火不具合が生じるとのこと。
先の製品を使用する場合は、別室で完全に濡れた髪の毛を乾かしてから入室、柔軟剤を使用した洗濯モノの部屋干しなどもダメのようです。



とはいえ、原因がわかれば即分解。



ファンヒーターを分解するなど初めてですが、目指すフレームロッド(着火棒)まで一直線。
おぉ!二本のフレームロッドが真っ白に。これがシリコーンの被膜のようですな。



フレームロッドを取り出して、電動ルーターでシリコーン被膜を削りピカピカにします。




※ ピカピカになった着火棒にフラッシュが反射して白く見えてます。

ついでに油フィルターやら気になる部分を掃除。
分解した部分を元通りにし完了。作業時間15分。電源ON!



『チチチ』 ボッ!



すげぇーーーーっ!爆速点火じゃん!ファン太のご機嫌も上々のようです。
人の寿命は宿命ですが、モノの寿命を決めるのは人間。
私の手元にきたモノやファン太にはこれからも長生きしていただきましょう。

2013/11/18 Monday

鳥居

チップスリーズ

伊勢神宮の外宮神苑勾玉池の畔に、天神社・豊川茜稲荷神社・茜社(あこねさん)はあります。
五穀豊穣、商売繁盛、大漁満足、家内安全、学問向上などを祈念する人々からの信仰を集める神社です。



今から6年半程前、まだ起業して間もない頃、お世話になる社長より茜社(あこねさん)へ鳥居を奉納されたという話を聞いた。
木製の鳥居は、老朽化のため奉納後およそ10年で取り壊されるようですが、毎年年の初めには社員全員で初詣に訪れては、奉納された鳥居に触れ一年の商売繁盛と家内安全を祈念しているとのことでした。



当時『河口さんとこも鳥居奉納したら?いいもんだよ』と、すすめていただきましたが、明日の生活も儘ならない起業当時の貧乏会社にそんな余裕はあるはずもなく、笑ってやりすごしたのを憶えています。
でもなぜか、話をお聞きした翌日に無性にその鳥居がみたくなり、一人参拝に訪れたんですけど・・・(笑)



奉納された鳥居の太い柱には、社名と住所、奉納された年月日が力強く墨書きされており、それはとても立派な鳥居を目の前に正直羨ましく思う自分がいました。
奉納は日々の感謝をお伝えするひとつの手段なのだから、羨ましく思うことこそ恥ずかしいことなんですけど、その時は本気で羨ましかったんですよね。



そして今年。20年に一度の神宮式年遷宮の年。
今回これまでの感謝をこめて鳥居を奉納させていただきました。
鳥居は10年で老朽化し取り壊されますが、10年後に2本目、そして順調にいけば3本目は20年後の式年遷宮の年に建替えさせていただくことになります。
企業生存率は10年で6.3%、20年では0.3%と言われています。



国内のみならず世界的にも厳しい経済状況ですが、20年後に感謝をこめて3本目の鳥居を奉納できるよう、お客様に愛され必要とされる企業としての成長を目標に、皆で模索し努力を惜しまず邁進していく所存ですので、今後ともご支援ご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

2013/11/08 Friday

ニッキ水という飲み物

チップスリーズ




ひょうたん形のガラス瓶に、子供心をくすぐる赤・黄・緑色の飲み物。
一見するととても美味しそうに見えるこのニッキ水に含まれる数々のトラップ。
「ジュースのむか?」の大人からの甘い一言に、喜び疑わず口にはこんだ幼少期を思い出します。
そのキュートな見た目からは想像できない強烈なニッキの香りと甘みと辛味は、現代の子供達には確実に『悪魔のドリンク』。


今回はニッキ水を全く知らないという「ミスターマエダ」に『悪魔のドリンク』を飲ませてみることにしました。
大人になるまでニッキ水を口にしたことのない男が、予備知識もないなかでニッキ水を飲むとどのようなリアクションをするのか。
大変興味深い実験です。(さぁ!みんなぁ!実験の時間だよ!)


『口にするのなら健康的なイメージカラー「緑」のニッキ水にして欲しい』という、本人からの謎の要望も受け入れ実験を開始しました。
『まるでモンハンの回復薬だ!』と、ミスターの気分も上々のようです。


(実験の記録)






























終了〜〜っ。

2013/11/07 Thursday

思いは伝わる

チップスリーズ

最近の若者の傾向として、よく言えばクール。悪く言えば利己的で希薄。
どちらが良くて、どちらが悪いということではないですが、
個人的には感情豊かで人とのつながりに重きを置ける方に魅力を感じます。


昨日はあるクライアント様とのお打合せでした。
当然、売上を伸ばすためのミーティングになるはずが、途中カメラの話で盛り上がる。


クライアント様がカッコイイ一眼レフカメラを購入されたのですが、
カメラバッグへ閉まったかと思えば、数分後に出したりを繰り返しながら、
購入の喜びを目を輝かせながら少年のように話されるのを聞いてると、
こちらもドンドン楽しくなってくるんです(笑)


嬉しい時は全力で喜ぶ。観てるこちらも楽しくなる。
古代日本では「言霊(ことだま)」といわれる言葉がありますが、
本気で伝える感情や思いは、相手の心に働きかけるんでしょうね。
またひとつ勉強になりました。


「ご購入おめでとうございます!」

2013/11/05 Tuesday

食の偽装に思う

チップスリーズ

「赤信号、皆で渡れば怖くない」


そんな風にもとれる、どさくさ紛れに次から次へと報道される食の偽装への謝罪。
この時期に公に謝罪すれば、厳しい批判を一手に引き受けることも、
世論の悪印象も散漫し、大きな痛手を負うこともないかもしれない。
などと、考えたかどうかはわからないが、それこそ「不誠実」な対応だと感じた。


完璧な人間などいない。誰しも過ちはある。
しかし、過ちに気づいた時点で心から悔い改めるから未来があるのであって、
「今ならお咎めが小さいだろう」と考えての安っぽい謝罪など、意味もなければ寧ろ絶対に利用したくない。



関わるすべての人達を裏切った代償は大きい。



「ひとの振りみて我が振り直せ」という諺(ことわざ)にあるように、
他人の言動の良し悪しを見て、自己の振る舞いを見つめ、直すべきところは改める。
客観的に自分のことを見つめるきっかけになった。
そう考えれば、この問題も少しはありがたく思えるけれど・・・


あ・・お腹すいたな。
串カツの話を置いて帰宅した「ミスターマエダ」のせいで余計に腹が減った。


ん?いま俺の腹は何腹なんだ?
※ 孤独のグルメのゴロウさん風に・・・(知らんか!笑)

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2017年12月 次月≫

OTHER