2009/03/26 Thursday

サンセベリア先生に学ぶ

チップスリーズ

2年前チップスリーズ創業のお祝いにサンセベリアを頂きました。



当時、殺風景な社内にイキイキとした植物があるだけで、
こんなにも癒されるものかと、とても嬉しく感じたことは
今でも昨日のように鮮明に憶えてます。



そんな大切なサンセベリアですが、
花より団子のガーデニング素人のスタッフ達では
十分にサンセベリアを満足させることなど難しく、
徐々に元気がなくなっておりました。



本来、サンセベリアという植物は少しくらい水をあげない方が
元気に育つといわれるほど、とても強い植物です。



花より団子人間には最適な植物です。



そんな、丈夫なサンセベリアの元気がなくなるということは、
社内が植物さえも育たないほどの悪環境なのか、
もしくは、限度を超えた花より団子っぷりかのいずれかだと思います。




当然、後者です。



創業時から鮮やかな緑色の姿で、私達を癒し続けてくれていた
ある意味チップスリーズの一員の哀れな姿をみて、
大きな後悔と反省、そして仲間の復活を願ったのが一ヶ月前。



サンセベリアの生育を徹底的に調べ、寒い夜間には下部を毛布で包み、
健康な葉に養分が行き渡るよう傷みのある葉は剪定し、
出勤時・昼間・帰宅前には、鉢内部の水分量をチェックをしたりと
考えられることすべてを施しました。



本来、丈夫な観葉植物だったことが功を奏し、
ほぼ健康な姿をとり戻すことができました。
しかも、沢山の新芽をつけており、そのうちの一本を
本日新しい鉢植えへ植替えました。



元気に並ぶ、大小のサンセベリアをみて・・・



『人材の育成や企業の成長というのも、このサンセベリアと同じなのかもしれない。』と
大切なことを学ばせてもらったように思います。



ちなみに。
新しく植え替えたサンセベリアには独断で名前をつけました。







新しい期を向かえ、心機一転この新芽のような気持ちで今期挑みます。



CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2020年12月 次月≫

OTHER