2014/02/06 Thursday

腕時計のお話

チップスリーズ

「大人なんですから、携帯電話での時間確認を見直しては(笑)」



そんなお言葉をいただきました(笑)


携帯電話をつかう生活が定着し、携帯電話自体も高度な機能・性能を備えるようになったため、
携帯も本来の電話という機能より、持つ人のカラーに応じて変化するマルチデバイスの役目を担うようになりました。
そんな機能満載の身近な便利ツールで時間を確認することに、疑問はありませんでした。


それでも20代の半ばまでは腕時計をする生活をしていました。
当時に携わった仕事の関係で腕時計を外さなくてはならなかったというのも、腕時計をしなくなった理由のひとつかもしれません。
いずれにしても、自分自身を客観視するきっかけになりますので、このようなご意見は本当に有り難い。


自分以外の誰かの手首周りをこれほど注意深く観察したことなどありませんでしたが、良い機会なので観察してみることにしました(笑)
経営者のほぼ9割、すれ違うビジネスマンらしき人たちのほぼ8割は何らかの腕時計をしているようです。
あらためてこういう現実を目の当たりにすると、社会人としての自分のスタイルに今更ながら恥ずかしさをおぼえ、国内メーカーのさほど高くない腕時計を購入しました。


昨日はあるクライアント様とのお打合せでした。
こちらの社長のライフスタイルへの考え方やモノを大切にする姿勢には共感しっぱなしです。
しかしながら、社長の左手首には腕時計の姿はみつかりません。
右手首にも腕時計を身につけられているご様子はないので、腕時計の有無を尋ねてみました。



社長:「iPhoneがあれば十分です!」


社長:「河口さんとあろう人が他人の言葉に左右されてどうするんですか!」


と、予想外の回答に驚きましたが、それでも私の脳内妄想では・・・
トライアスロン競技で競技用自転車に囲まれながら、ひとりママチャリで懸命に走る姿のようにしか思えません。
こうなると、恥ずかしくママチャリで走るのはこちらの社長だけになります(笑)
素直に腕時計を購入して良かったと胸を撫で下ろすのも束の間・・



社長:「まぁ、ロレックスやオメガの腕時計は自宅で眠ってますけれども」



コラコラ!こうなると・・
「自宅ガレージには誰もが羨む高級な競技用自転車を数台保有しているが、面白そうなのでママチャリで出場したよ♪」的な感じで、何だか全力でカッコイイじゃねぇーか!
とはいえ、この歳になってふたたび腕時計をする生活となりました。・・・というお話でした。

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2017年12月 次月≫

OTHER