2013/07/31 Wednesday

感情のコントロール

チップスリーズ

7月から日曜9時より放映されているドラマ「半沢直樹」
堺雅人演じる銀行員が、上司から融資失敗の責任を押しつけられ「やられたらやり返す。倍返しだ」と果敢に立ち向かっていく話。


普段は穏やかな主人公が突然豹変する破天荒ぶりがウケ、視聴率も20%超え好調らしい。
この「半沢直樹」絶好調の裏側で「やられたらやり返す。倍返しだ」乱発のブラック社員が急増しているという。
こうなると、仮面ライダーを観て感化された幼稚園児と同じだ(笑)


社会生活を営んでいく上で葛藤や困難が立ちはだかるのは必然であり、その局面にどのように向き合い消化していくかが、必要な知識・技能の習得、延いては人を大きく育てるのだと思う。


ビジネルにおいても、時に理不尽な要求や言いがかりを受けることもある。
「やられたらやり返す。倍返しだ」と言い放つことで一時的に気分は晴れるかもしれないが、根本的な解決はしない。
それどころか状況は悪くなることが殆どだ。


喜怒哀楽の感情に支配される人間だから感情的になってあたり前だ。と考えることも間違いではないが、ビジネスにおいては冷静に考え、対応することで道が開けることが殆どなのだから。


と!それっぽく語っていますが「倍返しどころか10倍返しだ!」と考えることもあるさ。人間だもの(笑)

2013/07/30 Tuesday

ソーシャルへ費やす時間が惜しい。

チップスリーズ

先日、本田圭佑をイメージしスポーツ刈りちかくまで短髪にしましたが、元傭兵で軍事評論家のテレンス・リーみたくなりました。
どうやらこの歳になっても、自分自身の骨格や容姿を客観視できていないようです。
このスタイルになってからというもの微妙に他人様に避けられていることも否めず、友人からも怖いと連呼されました。
これに負けず強く生きていこうと思います。温かく接していただけてる取引先様には感謝でございます。


さて、このブログともスッカリと距離をおいておりました。
FacebookやTwitter等のソーシャルメディアの活用も停止し、黙々と他業務に勤しんでおりました。
ソーシャルメディア(以下:ソーシャル)で思い出しましたが、少し前に何かのコラムに興味深いことが記載されていました。


何でもマーケティング情報企業のカストラ社が、86の小売サイトを利用した7,200万人の顧客を対象に、オンラインショップへのアクセス元(Eメール、Twitter、Facebookなど)や、購入商品、価格など、2年間にわたる追跡調査内容を掲載したというもの。


最も購買行動に繫がったアクセス元は、オーガニック検索(検索エンジンの検索結果)であり、続いてはPPC(CPC)広告、そして受信した顧客の約7%が購買にいたったメールの順。
FacebookやTwitterを通じたソーシャルメディアからの購買においては極めて低い結果に。
ユーザー(消費者)がソーシャルに対し、商品やサービスの情報を求めていないことがうかがえる。


Image: Custora


Image: Custora

私も新しいサービスは積極的に利用するタイプですが、正直ソーシャルへの熱意は日に日に低下している。
ソーシャルを活用した効果的な戦略が見えず、限りある時間と労力を費やす価値があるかの判断と、「膨大に収集したデータは大きく裏切らない」という持論、そして今回のカストラ社の調査データが強く結びついた結果です。
一部の大手企業ではソーシャルへの莫大な投資効果により、戦略的に活用できていると思いますので、あくまでも自分のスタイルに合わなかったということです(笑)


だめだっ!ひさしぶりのブログで思いつくまま書いてたら、まったく面白くない内容になってしまっていた!軌道修正しなければ。と、思いましたがお腹がすいたので終了します(笑)


ごはん♪ごはん♪

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2013年07月 次月≫

OTHER